特殊清掃にリフォームが必要な理由

特殊清掃で行う作業は、空気中に漂う細菌の除去、特殊な薬剤による洗浄作業、床や壁に付着した血液、体液の除去作業、部屋に充満した臭いの脱臭作業など行っていきます。
誰でもが再び入室しても違和感ない部屋に戻す「原状回復」にこだわって当社は作業していきますが中にはリフォームを必要とする場合がございます。

より効果的な脱臭効果を行う為に

臭いは目に見えない細かい分子が部屋中に飛散し、壁や床に付着することで臭いが発生します。
通常は壁や床に付着した汚れを拭き取り、臭いはオゾン脱臭機を用いて除去しますが、例えば死後1週間以上経過して発見されたご遺体(気温が高くなるに連れ腐敗の進行が進みます。)は体液が漏れだし、フローリングの継ぎ目や結合部から下地に垂れ、浸透してしまう場合がございます。

下地の状況はお部屋の作り、材質によって異なりますが表面上を綺麗にしても臭いの発生源をすべて取り除かない限り、どこかで変な臭いがする・・・というような状況になってしまいます。
こうなってしまった場合、床を剥がし張替え、撤去を行う必要性がございます。

臭いの再発生を防ぐためのコーティング

下地を撤去しても、建物の基礎にまで臭いが浸透してしまうケースもございます。この場合、表面にある体液を浮かせ、できる限り洗浄し一時的には臭いが取れる可能性がありますが、日数が経過するにつれ再び臭いが発生する場合がございます。
こうした臭いの再発生を防ぐために、コーティング処理を下地に施します。
当社では消臭成分を練りこんだ独自のコーティング剤を用いて仕様・材質に合わせて薬剤や作業方法を変え、臭いの原因をシャットアウトし長期的に安心して住み続ける事ができます。

リフォーム作業が必要なケース
ケース1.壁紙に血液が染み込んでいた場合

吐血などで血液が飛散し、壁面に付着した場合、通常は薬剤を用いて洗浄すれば落とし切る事ができるのですが、数日経過すると血液が酸化し黒く変色します。
その血液が壁紙に染み込んでしまうと、薄くはなりますが完全に落としきれない場合出てきます。
この場合、付着し汚れた部分のみ壁紙を張り替えることで解決します。
在庫がある同型の壁紙であれば素材を手配し、壁紙の張替えも1時間程度の作業で終えることもできる為、リフォームといってもそこまで大きな金額がかかることはございません。

ケース2.体液が巾木に浸透した場合

床と壁の継ぎ目などに使用される巾木は汚れたり壊れやすい壁を保護する目的で使われていますが、この巾木にもたれかかるようにしてお亡くなりになられた場合、漏れた体液が下地に浸透し、入り込んでしまう場合がございます。
通常巾木は接着剤やくぎで打ち込み、固定されていますが、全く水分を通さないというわけではなく、また老朽化により剥がれている部分から浸透してしまう場合がございます。
この場合は巾木を撤去し、継ぎ目の清掃と消臭を行い、汚れによってはフローリングの撤去・張替え作業が必要となります。

ケース3.お風呂場でお亡くなりになられた場合

お風呂場でお亡くなりになるケースは非常に多く、処理が最も大変な箇所も言えます。
浴槽や浴室でお亡くなりになられると体液や血液が配管に流れることがあり、その際は洗浄剤を散布し高圧洗浄機で丁寧に清掃していきます。
浴槽の場合、溜まった水分は流さずに汲み取って処理します。しかし浴槽表面に傷や破損があった場合、その隙間に臭いが浸透し、落としきれない場合がありその際は浴槽の交換が必要となります。また、浴槽と壁の継ぎ目に染み込んでしまった場合なども一時的に浴槽を取り外してから作業を行う場合もございます。
ユニットバスの場合、漏水を防ぐためコーキング処理をしている場合が多いのですが、コーキングに染み込んでしまうと打ち換えをする必要があります。

お風呂場は密閉されていますので、臭いがこもりやすく僅かな臭いでも敏感に感じるのでお部屋以上に丁寧に清掃する必要があります。
また、機械や人間の手では届かない部分も多いため、リフォームする可能性が多い場所ともいえます。

見積もり時からすぐにリフォーム前提で提案してくる業者は要注意。

特殊清掃で最も重要な作業は原状回復です。
ご遺体から発生する死臭は当然ですが芳香剤や市販の消臭剤では太刀打ちできません。特殊な薬剤とそれを使いこなす事ができる高い知識と技術を持ち合わせる作業員が必要となります。
その為、特殊清掃の現場の経験が少ない、消臭技術を持ち合わせていない業者はリフォーム前提で話を提案してくる会社もあります。

特殊清掃をする上でリフォームしないと原状回復はできないケースもありますので一概には言えませんが、当社の経験上80%以上はリフォームをしなくても元の状態に戻すことはできます。
特殊清掃といっても会社によって金額も作業方法もバラバラなのが現状です。いかに信頼できる業者と出会えるかが最も重要な事と言えます。

遺品整理マメ知識

  1. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  2. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  3. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  4. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  5. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  6. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…

Category